收藏

プラダ長財布1m0506編集

[プラダ] PRADA 財布 長財布 1M0506 ラウンドファスナー ブラック 【並行輸入品】
__null00
[プラダ] PRADA 財布 長財布 1M0506 ラウンドファスナー ブラック 【並行輸入品】 
PRADA(プラダ)1M0506 SAFFIANO COLOR NERO ラウンドファスナー長財布
__null00
PRADA(プラダ)1M0506 SAFFIANO COLOR NERO ラウンドファスナー長財布 
「お帰り」  正子が言った。 「どうした。寝た切り幽霊は」  岩瀬が席へ戻りながらからかうように言った。  風間は妙に固い表情だった。自分の椅子《いす》に坐らず、全員顔を揃《そろ》えたオフィスの入口に突っ立って、下町を睨《にら》みつけるようにしていた。 「何だ、言ってみろ」  下町が少しきつい声で言う。風間が何かに腹を立てていることは、もうみんな判っているようだった。 「冗談じゃねえや」  風間は吐きすてるように言った。 「何が親切な隣人だい。あの館野って奴は、寝た切り幽霊の実の弟だそうじゃないですか」 「何だって……」  岩瀬が喚《わめ》くように言った。みるみる顔が赤くなって行く。 「寝た切り老人の身もとを調べてくれと言って来た、となりのアパートの親切な老人が、その寝た切りの爺さんの弟だと言うのか」  岩瀬は本気で怒ると、物事を几帳面に喋《しやべ》る癖がある。そのかわり、いつもは何事もすべてあいまいにしか言わない男なのだ。 「そう」  風間はまるで岩瀬に売られた喧嘩《けんか》を買うような調子で、鋭く答えた。みすぼらしいオフィスの中が、かなり長い間、しんと静まり返った。 「野口のおばあちゃんという人の家で聞き出したんです。あそこへ出入りしている老人たちの中に、館野たちをよく知っているのがいたんです」  怒るのも無理はない。風間も下町も、これがただばたらきになるのを承知の上で動いていたのだ。岩瀬も北尾も正子も、できればそれに手を貸したいと思っていたくらいだ。
表示ラベル: