收藏

ミュウミュウ長財布編集

(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 2E6Z F0002/VITELLO CRYSTAL NERO 財布 ラウンドファスナー ヴィッテロクリスタル スタッズ ラインストーン ビジュー レザー ブラック [...
__59,40000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 2E6Z F0002/VITELLO CRYSTAL NERO 財布 ラウンドファスナー ヴィッテロクリスタル スタッズ ラインストーン ビジュー レザー ブラック [... 
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M1109 3CJ F0013/VERNICE FIOCCO AZZURRO 財布 二つ折り ヴェルニーチェ リボン パテントレザー アズーロ [並行輸入品]
__49,68000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M1109 3CJ F0013/VERNICE FIOCCO AZZURRO 財布 二つ折り ヴェルニーチェ リボン パテントレザー アズーロ [並行輸入品] 
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 3CJ F068X/VERNICE FIOCCO ANANAS 財布 ラウンドファスナー ヴェルニーチェ/パテントレザー リボン アナナス [並行輸入品]
__49,68000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 3CJ F068X/VERNICE FIOCCO ANANAS 財布 ラウンドファスナー ヴェルニーチェ/パテントレザー リボン アナナス [並行輸入品] 
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 2E6Z F0029/VITELLO CRYSTAL FUXIA 財布 ラウンドファスナー ヴィッテロクリスタル スタッズ ラインストーン ビジュー レザー フューシャ...
__59,40000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 2E6Z F0029/VITELLO CRYSTAL FUXIA 財布 ラウンドファスナー ヴィッテロクリスタル スタッズ ラインストーン ビジュー レザー フューシャ... 
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 財布 5M0506 2E8R F019L/MADRAS BICOLORE VIOLA+NERO ラウンドファスナー マドラス バイカラー リボン レザー ビオラ×ネロ [並行輸入品]...
__49,68000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 財布 5M0506 2E8R F019L/MADRAS BICOLORE VIOLA+NERO ラウンドファスナー マドラス バイカラー リボン レザー ビオラ×ネロ [並行輸入品]... 
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 財布 5M0506 NAPPA VELE NERO/2B8Q F0002 ラウンドファスナー ナッパ ヴェレ レザー ブラック [並行輸入品]
__54,00000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 財布 5M0506 NAPPA VELE NERO/2B8Q F0002 ラウンドファスナー ナッパ ヴェレ レザー ブラック [並行輸入品] 
(おかしな若君だこと。……)  と、まだ見ぬ信長の罪にしてしまう。  とにかく、信長が尾張の城下の町をのし歩きながら鼻さきでうたっているという風景は、濃姫の目にみえるようであった。このうたを濃姫なりに幸若《こうわか》のふしをつけてうたうと、そこはかとなく織田信長という若者がうかんでくるから、妙なものであった。 「死なうは一定」  と、いまひとつの信長の愛唱歌を口ずさんでみることがある。 「……忍び草には何をしよぞ、一定語りおこすよの」  その日も、そうであった。濡《ぬ》れ縁の日だまりに端《はし》居《い》しながらぼんやり口ずさんでいると、侍女の各務《かがみ》野《の》が庭をまわってやってきて、やれやれという顔をした。 「お姫さまはちかごろどうなされたのでございましょう。ご婚儀もお近い、と申しますのに」  と、こぼした。婚儀がちかいというのに鼻うたなどという行儀のわるい癖がついてしまって、というのであった。 「そのようなお行儀では、さきさまにきらわれますぞ」 「あ、そうか」  と、濃姫はやめるのだが、よく考えてみるとさきさまの若様こそ、行儀のわるさでは三国一の異名をとっているという評判ではないか。 (適《あ》わせてゆく、ということで、少しぐらいお行儀をわるくして嫁《ゆ》くほうがよいのではないか)  と、濃姫は本気で考えてもみるのである。  それやこれやで、濃姫のまわりの日月がおどろくほど早くたち、もはや輿《こし》入《い》れの日にあと三日を残すのみとなった。  母の小見《おみ》の方《かた》は、縁談がきまってからはずっと濃姫の部屋で起居している。戦国のならいで、もはや隣国の大名に嫁《とつ》がせてしまえば、生涯《しょうがい》この娘と相見ることもないであろうと思い、そのことのみが悲しいらしく、折りにふれては涙をにじませたりした。  が、父の道三《どうさん》は風変りだった。ここ十日ほどのあいだはめったに奥に来ないばかりか、たまに来ても、なんとなく濃姫と顔をあわせることを避けているふうであった。 (あれほどわたくしを可愛《かわい》がってくだされたのに)
表示ラベル: