收藏

miumiu財布二つ折りがま口編集

 少女の手には、黒い拳銃が握られていた。 「————抵抗するのならどうぞ。  私の名はシオン・エルトナム・アトラシア。  ここで、貴方の自由を奪う者です」  少女の体が跳ねる。  見知らぬ異国の少女は、有無を言わさぬ速度で襲いかかってきた。 [#挿絵(img/WIN_SHIKI.bmp)入る] 「つっ……!」 「そこまでだ。何のつもりか知らないが、これ以上やりあうのは無意味だろう」
表示ラベル: