miu miu財布スタッズ
null
null 俺が秋葉に教えた。それなら、俺は誰に教えてもらったというのだろう。小さいころそんな情緒的なことを教えてくれる人間が周りにいただろうか。  なにか、大切なことを忘れている気がする。首筋まで登りつめてきた記憶がつっかえていてやるせない。 「——あ」  夢を、思い出した。 「…秋葉、もう一度言ってくれ。桜が——」 「桜の花びらが恐いほど綺麗なのは——」