收藏

chloe ショルダーバッグ編集

マタニティ ショーツハイウエスト コットン ウエストサイズ 調節可能 3枚セット
__2,18000
マタニティ ショーツハイウエスト コットン ウエストサイズ 調節可能 3枚セット 
【ノーブランド】秋色 ワンピース レディース バルーン 切り替え ゆったり
__2,260 - 9,80000
【ノーブランド】秋色 ワンピース レディース バルーン 切り替え ゆったり 
変装 グッズ パーティー 演劇 なりきり 小道具 コスチューム
__1,50000
変装 グッズ パーティー 演劇 なりきり 小道具 コスチューム 
格子柄 トート バック 大容量 リボン ジッパー ポケット
__5,60000
格子柄 トート バック 大容量 リボン ジッパー ポケット 
【ハイハイワールド】Hi-Hi-World 選べる 3D 立体 掛け時計 モダン デザイン ウォールクロック 壁 時計 (2.赤 レッド)
__2,98800
【ハイハイワールド】Hi-Hi-World 選べる 3D 立体 掛け時計 モダン デザイン ウォールクロック 壁 時計 (2.赤 レッド) 
【CHANGE】 メンズ ボクサー パンツ ブリーフ 下着 5枚 セット 20 カラー バリエーション M L LL
__2,38000
【CHANGE】 メンズ ボクサー パンツ ブリーフ 下着 5枚 セット 20 カラー バリエーション M L LL 
「すまないな。ジョク、ゆっくり休んでくれ」 「気にするな。アリサの我儘《わがまま》だよ。ニー相手だからいえるのだ」  夫婦であるから、その種のジョクの言葉も、日本人特有の謙遜言葉として、アリサも聞き流すことができるようになっていたのだが、いまは情況がちがっていた。  なぜ、こんなときに我儘をいってはいけないのか、別れの挨拶ぐらいは、ふたりだけでさせて欲しいと思うのがなぜいけないのか、とアリサは思った。  いつものジョクの口ぶりが冷たく感じられて、情けなかった。 「じゃ……またな……」  ニーはベッドわきのスツールの上に置いた革兜《かわかぶと》を手にした。 「どうした? アリサ……?」  ジョクが目をみはり、ニーもアリサを見た。 「……アリサさま?」  アリサはあふれる涙の筋を頬につくっていたのだ。自分でも、こうまでも涙がこみあげてくるのに戸惑いながらも、肩が上下に波だつのも抑えられなかった。 「アリサ……」  ふたりの男は、ポロポロと涙を頬にしたたらせるアリサに呆然とした。 「……失敬する。見送らなくていいぞ」  ニーはあわててジョクに声をかけ、握手もわすれてアリサの脇をすり抜けるようにして外に出ていった。  ドアが閉じられた。 「アリサ……すまない。よけいなことをいったか?」  ジョクは、つい口にしてしまった日本人的な謙遜の言葉のことを気にした。
表示ラベル: