miumiu財布スタッズリボン
null
(ミュウミュウ) miumiu  スタッズ リボン ラウンドファスナー長財布 VERNICE BORCHIE LAGO 5M0506  [中古]
__null00
(ミュウミュウ) miumiu  スタッズ リボン ラウンドファスナー長財布 VERNICE BORCHIE LAGO 5M0506  [中古] 
null「宇宙飛行士たちは、そういう訓練のときには色々な反応を見せるらしいわね。ずーっと歌をうたってるとか、一人でしりとりするとか、知っている人間の名前を思い出せるだけ並べて、この人とこの人は気が合うだろう、こいつらはウマが合わないな、なんて関係を想像してみるとか——まあ、涙ぐましい努力があるらしいのね。……でも」  キョウはここで、へっ、とかすかに鼻を鳴らした。 「ここでいう宇宙飛行士ってのは、地球の衛星軌道上までしか行くことのなかったオービターの話だからね。行ってもせいぜい月までだわ。もっと遠くに——それこそ別の星に行こうっていう人間は、いったいどれくらいの�ひとりぼっち�に耐えなくっちゃならないのかしら? 太陽も、ぽつんとした点のひとつにしか見えないほどのところまで行ったら、その寂しさっていうのは、そう——まさに考えられないほどでしょうね」 「考えたら——どうなるの?」 「だから——」  彼女は少し言葉を切り、一瞬の沈黙の後で、再び話し出す。 「考えることもできなくなってしまう、そういうことになるんじゃないかしら。孤独と、底無しの暗黒が周り中から押し寄せて、その人を圧《お》し漬《つぶ》してしまう——だから、そういうところにいる人には、色々な安全装置が必要になる」 「安全装置?」  麻里はぎくりとした。その単語は、さっきのセンチの話の中にも出てきていたものだったからだ。 「そう——」  キョウは周囲に、ぐるっと視線を巡らせる。 「虚空に置き去りにされているのに、そこにいないことにするっていう——そういう安全装置よ」  その眼はどこか特定のところを見ているようで、どこも見ていないような目つきだった。 「いないことにする、って——どうやって?」 「極めて原始的よ。素朴で簡単な方法があるの。それはあまりにもひどいことに遭遇してしまったときに、昔から人々が自分の心に言い聞かせていたこと——」  彼女は麻里の方に視線を向けてきた。麻里はその眼を見て、どきりとした。  それはまるで、鏡の中の自分自身を見るときのような、まっすぐで容赦というものが欠落した眼差しだった。 「�そんな馬鹿な、とても信じられない、これは夢に違いない——�ってね。すべてを夢ということにしてしまうことが、絶対真空の中で正気を保つ、たったひとつの方法なのよ」