收藏

miu miuリボン財布編集

【ノーブランド品】レディース リボン パステルカラー ファスナータイプ 大容量 (4色カラバリ) ストラップ付き 財布 札入れ コインケース カードケース
__930 - 2,68000
【ノーブランド品】レディース リボン パステルカラー ファスナータイプ 大容量 (4色カラバリ) ストラップ付き 財布 札入れ コインケース カードケース 
【ノーブランド品】長財布 レディース PUレザー リボンチェーン ファスナー開閉式 ウォレット
__1,080 - 2,00000
【ノーブランド品】長財布 レディース PUレザー リボンチェーン ファスナー開閉式 ウォレット 
WFYC オシャかわ♪ リボンモチーフ ロングウォレット 長財布 オシャレ レディース PU レザー オリジナル ブランド キーケースセット カジュアル ファッション プレゼント クリスマス
__68000
WFYC オシャかわ♪ リボンモチーフ ロングウォレット 長財布 オシャレ レディース PU レザー オリジナル ブランド キーケースセット カジュアル ファッション プレゼント クリスマス 
(ミュウミュウ) MIU MIU ミュウミュウ バッグ MIU MIU RL0097 N88 F0233 MATELASSE トートバッグ AZALEA[並行輸入品]
__168,00000
(ミュウミュウ) MIU MIU ミュウミュウ バッグ MIU MIU RL0097 N88 F0233 MATELASSE トートバッグ AZALEA[並行輸入品] 
 一週間のあいだに、都内で二件、崎玉で一件、夜間に路上のマンホールの蓋が開けられるという事件が起こった。幸いどちらも実害はなかったが、千葉の事件を。真似《まね》たものであることは明らかで、どうやら世間には、危険を認識する能力の少ない人間と、認識した危険を実行してみたがる人間とがあふれているようだった。 「アロー」では、その週のニュースをいくつか並べる「へッドライン」のページで、事件について取り上げた。私は記事を書き、カメラマンが現場へ行って、青空の下、ぴっちりと蓋が閉められているあのマンホールの写真を撮り、見出しの脇《わき》に掲げた。  そして個人的なレベルでは、あのポルシェのナンバーから持ち主である宮永|聡《さとし》の兄の身元を調べた。彼は一流と言っていい証券会社の営業マンだが、まだ二十四歳だった。よくまあ一千万からの車を買った也人だと呆《あき》れたが、代理店に問い合せてみると、ちょっといわくつきの事故車で、五年落ちだという。 「それでも是非というので、お売りしたんですよ」  宮永聡は「兄貴の車で、新車だ」と言っていた。兄から弟への小さな欺瞞《ぎまん》、ささやかな自慢というわけだ。そして弟は弟で、兄貴の大事な車をちゃっかりと荒天の夜に借りだして──  台風の翌日、さぞや派手な喧嘩《けんか》をしたことだろう。それとも、聡の方がそれどころではなかったか。  宮永聡も垣田《かきた》俊平も、まだ名乗り出てこない。そして私にも、もう彼らに近づく気持ちはなかった。一度だけ、調べだした宮永家の電話番号にかけてみようと、受話器をあげたことはあるが、そこまでだった。  ただ、「ヘッドライン」の記事では、マンホールの蓋を開けておいた人物に対し、若干同情的な含みを持たせておいた。「悪意はなく、ただ迂闊《うかつ》だったのだろう」という程度ではあるが。  おかげで、雑誌の発売日には、少し落ち着かない気分を味わった。彼らのどちらかが、ひょっとしたら連絡してくるかもしれない。  だが、結果はノーだった。  酒の席で、冗談半分に、同僚の記者の一人に訊《き》いてみた。空からUFOが舞い降りてきて、鼻先にとまり、「今警察が手を焼いている事件の犯人はどこどこの誰々であるぞ」と教えてくれたとしたら、どうする? 「帰って寝る」というのが、同僚の答えだった「で、翌朝目が覚めて、まだそんなことが現実にあったような気がしたら、入院する。きっと、点滴の壜《びん》のなかに金魚が泳いでいるのが見える」  私は笑った。同僚をではなく、自分を笑ったのだ。そして、あれほど真剣だった稲村慎司を、いきなりUFOに例えてしまうのだから、俺《おれ》だってやっぱり本気で彼を信じているわけじゃないんだなと気がついた。 「そんな縫いとりがあるなんて、今まで全然気づかなかったよ」  気づいていたら、そのまま残しておいたわけがない。 「言われなきゃ気づかないくらい小さい縫いとりだって、慎司も話してました。そんな茶目っ気のあることをする女性と言ったら、あなたの恋人か奥さんでしょうからね。まさかお母さんのわけないだろうし」直也はちょっと笑った。「この上着を着てる人はわたしのものよっていう署名みたいなものかな。可愛《かわい》い女性だったんでしょうね」  たしかに、手まめで家庭的な女ではあった。仕事のせいで行き違ってしまっても、彼女が部屋に来ていたということはすぐわかった。いつもきれいに掃除がしてあったから。自分の才能は家事を執り仕切ることにあるのだと言っていた。だから、完壁《かんぺき》な見本のような家庭を望んでいたのだし、子供を欲しがっていたのだ。 「すみません」直也はまた頭をさげた。「そういう女性にだったら、あなたが事故のことを話してそうなものだってことは簡単に想像がつくし、その人の名前を出したときのあなたの反応で、今もうまくいってる女性じゃないんだってことも──」
表示ラベル: